News

雑誌『ハルメク』11月号 表紙

2018.10.11



シニア女性誌『ハルメク』11月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「秋から冬は早い。
たまたまこっちにやって来たリスの姿も
見逃してしまうくらい一瞬だ。
完全な冬になる前のわずかな季節。
この時期だけの楽しみも見逃さないようにしたい。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp/

↑TOP

トークイベント「上越をdigする」at DIGMOG

2018.10.09

kitasyoten
新潟市にある人気の独立系本屋「北書店」の店長・佐藤雄一氏と大塚いちおが
地元上越市について、昔の上越を振り返りつつ、
今の上越について語り合います。
もちろん好きな本の話やウェルモの話しも語り合います。
一度北書店でも開催された2人のトークイベント。とても興味深い展開に!
新潟県在住のみなさま、いつもは聞けない話が聞けるかも…!?

トークイベント「上越をdigする」」at DIGMOG
2018年11月11日(日) 16:00〜17:00
1人1,000円(おみやげつき)

予約はメールにて受けつけています。
たくさんのご参加お待ちしております。
info@ichiootsuka.com
タイトルに「上越をdigする」と明記いただき、
本文に参加氏名、参加人数、連絡先を書いてメールをお送りください。

↑TOP

ライブイベント「鈴木恵トリオ」at DIGMOG

2018.10.09

trio&welmo

新潟の人気アイドルグループ「RYUTist」のにも楽曲を提供など
作詞/作曲/編曲家としても高い評価を受ける鈴木恵さんによる
「鈴木恵トリオ」ライブイベントの開催します。
そこでウェルモをテーマに作成された音楽の初披露!
ウェルモの生みの親の大塚いちおが作詞を手がけています。

ライブイベント「鈴木恵トリオ」at DIGMOG
2018年11月10日(土曜日)16:30〜18:00
1人 2,000円

予約はメールにて受けつけています。
たくさんのご参加お待ちしております。
info@ichiootsuka.com
タイトルに「鈴木恵トリオ」と明記いただき、
本文に参加氏名、参加人数、連絡先を書いてメールをお送りください。

↑TOP

ワークショップ「コーヒー教室」at DIGMOG

2018.10.09

shono2

全国のカフェやおしゃれ雑貨店で広く使われていて、
コーヒー好きの間でも人気のアアルトコーヒー庄野雄治氏が
初心者でも簡単においしいコーヒーが入れられるようになるコーヒー教室を行います。
ペーパーハンドドリップで、おうちのコーヒーが
ググっと美味しくなる、ちょっとしたコツをお話します。
持参できる方はお家で使っているドリッパーやサーバー、
ポットなどコーヒー道具を持ってきてください。
もちろん手ぶらでの参加も大丈夫です。
各地で開催するアアルトコーヒーのコーヒー教室は
いつも好評で、参加者のなかにはリピーターもいるそう。
ぜひともご参加ください。

ワークショップ「コーヒー教室」at DIGMOG
2018年11月4日日曜日 14:00〜15:30
1人1,500円(おみやげつき)

予約はメールにて受けつけています。
たくさんのご参加お待ちしております。
info@ichiootsuka.com
タイトルに「コーヒー教室」と明記いただき、
本文に参加氏名、参加人数、連絡先を書いてメールをお送りください。

↑TOP

トークイベント「いきていくカタチ」at DIGMOG

2018.10.09

logo_form-of-live

徳島の人気焙煎所アアルトコーヒー庄野雄治氏と大塚いちお氏が
2014年から続けている人気のトークイベント「いきていくカタチ」を
期間限定SHOP「DIGMOG」にて開催致します。
他業種の2人だからこその仕事の話、地方と東京のこと、
生き方についてもゆるゆると、好きな音楽とともに語り合います。

トークイベント「いきていくカタチ」at DIGMOG
2018年11月3日土曜日 17:30〜19:00
1人1,000円(おみやげつき)

予約はメールにて受けつけています。
たくさんのご参加お待ちしております。
info@ichiootsuka.com
タイトルに「いきていくカタチ」と明記いただき、
本文に参加氏名、参加人数、連絡先を書いてメールをお送りください。

↑TOP

期間限定SHOP「DIGMOG(ディグ・モグ)」

2018.10.09



上越妙高駅おでむかえキャラクターの「ウェルモ」が、
色んな人の趣味の世界を掘り下げる(DIGする)、
期間限定でSHOP「DIGMOG」をオープンします。
もちろん店長はモグラのウェルモです。
ウェルモの生みの親である大塚いちおの作品の展示や、
大塚と交流のあるさまざまな分野の方がDIGしたものを展示販売。
もちろんウェルモグッズ、DIGMOGグッズの販売も。
また期間中には、大塚いちお氏とゲストとのトークイベント、
アアルトコーヒー庄野氏によるコーヒー教室、
そしてウェルモをテーマに作成された音楽の初披露をふくむ鈴木恵トリオによるライブなど、
多種多様なイベントが予定されています。
ぜひお近くにお寄りの際は遊びにきてください。

期間:2018年10月26日(金) 〜 11月11日(日)の金土日のみ
時間:11:00〜17:00
場所:仲四ハウス(新潟県上越市仲町4−3−14)
期間限定SHOP「DIGMOG(ディグ・モグ)」Facebookページ 
https://www.facebook.com/digmog2018

↑TOP

AERA STYLE MAGAZINE vol.40

2018.09.28


9月22日発売された「AERA STYLE MAGAZINE Vol.40 AUTUMN 2018」
“岸本佐和子で海外小説を読む 第20回”のイラストを大塚いちおが担当しました。
ぜひ書店で手にとってみてください。


出版社: 朝日新聞出版 (2018/9/22)
言語: 日本語
ASIN: B07GW3S4Z6
発売日: 2018/9/22
商品パッケージの寸法: 29.7 x 21 x 2 cm

↑TOP

雑誌『ハルメク』10月号 表紙

2018.09.06



シニア女性誌『ハルメク』10月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「秋の風景を思い出そうとすると、
落ち葉の色や夕焼け空、
赤や黄色、オレンジと浮かぶ。
その風景のどこかに、
いつも鳥がいたような気がするのは、
気のせいだろうか。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp/

↑TOP

『大塚いちお+』展 at スパイラル

2018.08.10

furin72

東京、青山のスパイラルの入り口横の展示スペース“MINA-TO Art Wall”で
『大塚いちお+(プラス)』展を8月18日(土)より開催します。
美濃焼き作家の3RD CERAMICSとコラボレーションで作った風鈴、
映画「形のない骨」とコラボレーションして作ったポスター、
上越妙高駅のために作ったキャラクターWELMOの作品など、
大塚いちおに何かプラスされて作られた作品が並びます。
作品は購入も可能なので、ぜひ青山に訪れた際にはお立ち寄りください。
開催日時:2018年8月18日(土)~9月2日(日)11:00~20:00
会場:MINA-TO (Spiral 1F)
詳細はこちらから→ http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2720.html

↑TOP

ワークショップ「『注文の多い料理店』の表紙を作ろう」at スパイラル

2018.08.10

original_bunko02_72

8月23日木曜日、東京の青山にあるスパイラルで開催する
大塚いちおワークショップ「自分だけの本の表紙をつくる」。
表紙を作る作品が『注文の多い料理店』決定しました!
去年はこども向けでしたが、今年は大人でも参加できます。
小学生は夏休みの自由研究にもなるかも??
描いたり、切ったり、貼ったりして、表紙のイラストを作ります。
世界にひとつだけのオリジナル本の表紙を作りませんか?
どしどしご参加おまちしております!
開講日:2018年8月23日(木)13:30-15:30(13:00開場)
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
受講料:2,500円(1名様につき/税込/材料費込み) 
申し込み、詳細はこちらから↓
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2691.html

↑TOP

雑誌『ハルメク』9月号 表紙

2018.08.09



シニア女性誌『ハルメク』9月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「中学高校の部活は美術部だった。
地味な部活だったが、キャンバスに向かうと集中できた。
モチーフは花瓶やフルーツなど。
久しぶりにそんな気持ちで描いてみた。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp/

↑TOP

大塚いちお×北書店店長トークイベント

2018.08.06

北書店で大塚いちお個展「DIG THE WILDSIDE」絶賛開催中ですが、
大塚いちおと北書店店長 佐藤雄一さんのトークイベント開催が決定しました。
東京、新潟市と活動拠点は違いますが、
上越市出身の2人が本や絵、新潟のことなど、独自の視点で語り合います。
佐藤店長が大塚いちおの作品の制作秘話を解き明かすような、
今年の夏のような熱いトークになるかもしません!
夏の夜に興味深いトークイベントを楽しみませんか。
事前予約も可能なので、お気軽にお問い合わせください。

0806talkshow_72

『大塚いちお×北書店店長トークイベント』
【日時】8月29日(水曜日)18時30分開場、19時開演
【料金】1,000円(1人)
【問い合わせ先】025-201-7466(北書店)

↑TOP

ワークショップ「自分だけの本の表紙をつくる」at スパイラル

2018.07.27

original_books

去年、大盛況だったワークショップ「自分だけの本の表紙をつくる」。
今年の夏もスパイラルで開催します。
去年はこども向けでしたが、今年は大人でも参加できます。
小学生は夏休みの自由研究にもなるかも??
世界にひとつだけの本の表紙を作りませんか?
ちなみに去年は「吾輩は猫である」と「銀河鉄道の夜」でした。
本のタイトルは決まりましたら、後日お知らせします。
どしどしご参加おまちしております!
開講日:2018年8月23日(木)13:30-15:30(13:00開場)
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
受講料:2,500円(1名様につき/税込/材料費込み) 
申し込み、詳細はこちらから↓
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2691.html

↑TOP

大塚いちお個展「DIG THE WILDSIDE」at 北書店

2018.07.26

去年、東京の青山で開催されました大塚いちお個展「DIG THE WILDSIDE」が
新潟市の北書店で8月1日から新たに開催されます。

welmo_poster_a_small

去年の展示作品に加え、地方日刊紙「上越タイムス」で連載されている
漫画『おーい!ウェルモ』なども展示されます。
大塚いちおのいつものイラストとは違うウェルモのイラスト、
夏休みに新潟までお出かけの際がぜひお立ち寄りください。
また北書店さんは新潟市にある独立系本屋さん。
佐藤店長がセレクトした本が並ぶ個性的な本屋さんです。
ウェルモがいることで生まれる不思議なスケール感や空気感を
今回は新潟市の北書店で感じて頂ければと思います。
展示期間中はウェルモグッズ、展覧会グッズも販売しますのでそちらもお楽しみに!
期間中に大塚いちおと佐藤店長とのトークイベントも予定しています。

タイトル:大塚いちお個展「DIG THE WILDSIDE」
会期:2018 年 8 月 1 日(水)~ 8 月 31 日(金)
   10:00~19:00 / 土・日・祝 12:00~20:00
休業日:5日、19日
会場:北書店(新潟県新潟市中央区医学町通2-10-1 ダイアパレス医学町1F)
   http://kitashoten.net/

welmo_poster_b_small

↑TOP

新潟キャラクター総選挙2018

2018.07.21

またこの季節がやってきました『新潟キャラクター総選挙2018』。
今年も上越市からウェルモの出馬が決定しました!
北陸新幹線、上越妙高駅おでむかえキャラクターの「ウェルモ」。
去年の『新潟キャラクター総選挙』では堂々の6位。
今年は少しでも順位をあげるべく頑張りますので、
みなさまの投票をお待ちしております!
毎日投票可能なので、ぜひよろしくお願いします。
投票方法はTwitterで「ウェルモ #新潟キャラクター総選挙2018」と呟けばOK。
その他にもHPから、ハガキから投稿できます。
投票方法の詳しい情報はこちらから→ https://www2.niigata-nippo.co.jp/niigata_character/
ウェルモはTwitterもやっているので、声をかけると、とても喜びます。
ウェルモのTwitterID @welmo_Niigata

posterA_72

↑TOP

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」タイトルバック

2018.07.20

titleback0719

今夏の火曜日夜9時フジテレビ系列ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の
オープニングタイトルバックのイラストを大塚いちおが担当しました。
安田レイさんの歌う颯爽とした歌声に合わせて流れるアニメーション。
とても疾走感のあるタイトルバックになっています。
15秒くらいなので、あっという間ですが、
2話目から注目してみてください。
1話の再放送も決定しましたので、見そびれた方はぜひ!
ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」再放送日時情報

↑TOP

大塚いちお × 3rd ceramics「風鈴」

2018.07.20

IMG_3369

多治見市を拠点に活動している作家「3RD CERAMICS」の風鈴に
大塚いちおがひとつひとつ手描きで絵付けをした一点ものの作品を
2018年7月21日から東京、青山のat Kiln AOYAMAにて展示販売をします。
大塚いちおと美濃焼がコラボレーションした風鈴で今年の猛暑を乗り越えてみませんか。
詳しくはこちらまで→ 大塚いちお × 3rd ceramics
【東京開催期間】2018年7月21日(土)〜29日(日)11時〜19時 ※7月25日(水)はお休み
【東京開催場所】at Kiln AOYAMA https://atkiln.com/course/access/
その後、名古屋、多治見と巡回予定です。

大塚いちおがタイトルバックのイラストを描きました
NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の舞台にもなっている岐阜県東濃地区。
東濃地区の美濃焼と大塚いちおがコラボレーションをした作品を今後も発表していきます。

tsg_flyer 2small

↑TOP

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」ゆるキャラ『どーじょくん』

2018.07.17

7月17日火曜日夜9時から始まるフジテレビ系列の
ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」に出てくる
東区役所のゆるキャラを大塚いちおが作りました。
その名も『どーじょくん』です。
ドラマ内の『どーじょくん』の活躍もどーじょお楽しみに!
『どーじょくん』の制作秘話はこちらから→ https://www.ktv.jp/kbss/topics/15.html

ill_dojokun

↑TOP

スパイラルのフリーペーパー「SP」No.147

2018.07.12



スパイラルのフリーペーパー「SP」No.147
“美しい暮らしのノート”というコーナーの
イラストを大塚いちおが担当しています。
今回のアイテムは建築家 / 家具デザイナーの中村好文さんのやかんです。
青山のスパイラルにお越しの際は「SP」を探してみてください。

↑TOP

BESS「啄木鳥通信」2018年 夏

2018.07.10



ログハウスなど木の家を展開するBESSの
広報誌『啄木鳥通信』2018年夏号が完成しました。
今回のテーマは「じぶん」です。
大塚いちおが表紙、中面イラストを担当しています。
アートディレクションはグリッツデザイン日高英輝さんです。
代官山にも展示場がありますのでぜひいってみてください。
株式会社BESS http://www.bess.jp/








↑TOP

雑誌『ハルメク』8月号 表紙

2018.07.10



シニア女性誌『ハルメク』8月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「僕が育った日本海側の街では、
夕陽が海に沈む頃、辺りを赤く染めた。
おそらくその頃、山や草原では、
草花をも赤く染められるのだろう。
1日の終わりのライトアップだ。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp/

↑TOP

NEXT→

New Entry

Archives