News

2019.03 Archives

ワークショップ「木彫りのウェルモに絵付け体験」in工場蚤の市2019

2019.03.20

welmo2_72

4月13日(土)・14日(日) に開催されます『工場蚤の市2019』に
今年も大塚いちおのワークショップが開催されます。
ワークショップの内容は、なんと……
「木彫りのウェルモに絵付け体験」です。
木彫りのウェルモに色を塗って、自分オリジナルのウェルモを作ります。
木彫りのウェルモは三条市にある坪源さんに作っていただきました。
坪源さんはデコイや伝統工芸の墨壷などを作っている木工工房。
デコイとは動物の姿を模した人形の事です。
鴨猟では、カモのデコイを十数個待ち伏せする場所に浮かべておくと、
本物のカモがと勘違いして集まってくるそうです。
なので、みんなが作ったウェルモのデコイがたくさん集まれば、
本物のウェルモが現れるかもしれません!
他にも色々なワークショップやイベントが開催されます楽しい市なので、
ワークショップに参加がてら、覗きに来てください。

ワークショップ「木彫りのウェルモに絵付け体験」in工場蚤の市2019
日時:4月13日(土) 10:30/13:00/14:30
場所:三条ものづくり学校
金額:事前申し込み 1,500円/当日申し込み 2,500円
対象:どなたでも参加できます(小学校低学年以下は保護者同伴)
事前申し込みは三条ものづくり学校まで。
https://sanjo-school.net

【お問い合わせ先】
三条ものづくり学校事務局
新潟県三条市桜木町12-38 104号室
Mail:sanjo@r-school.net
Tel:0256-34-6700
Fax:0256-34-6723
受付時間 9:00-17:00(月曜休み)
welmo3-1_72

decoysample2

↑TOP

雑誌『ハルメク』4月号 表紙

2019.03.12

2019.04.halmek

シニア女性誌『ハルメク』4月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「春の風が舞い上がり、突然、目を細める。
光の眩しさと花の色彩の鮮やかさで、
薄眼をあけて見るその景色は、
抽象的な形と色がやさしくとけあっているようだ。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp/

↑TOP

ニューエラキャップ 川崎フロンターレ2019

2019.03.12

川崎フロンターレ、2019シーズンのニューエラキャップの
デザインを大塚いちお事務所が担当しました。
ユニフォームの番号と同フォントで作ったFマークと、
ツバ裏はフロンターレの選手たちの強さを表現したイラスト。
おかげさまでこのキャップは即日完売だったようですが、
またつばの色や形や素材を変えて発売されるはず……です。
お楽しみに!

↑TOP

書籍『ねこの小児科医ローベルト』

2019.03.01

cat_lobert01

偕成社から発売されました『ねこの小児科医ローベルト』の装丁を
大塚いちお事務所のデザイナー 河村杏奈がデザインしました。
小学校中低学年向けの児童書の分野の書籍です。
お話は木地雅映子さん、絵は五十嵐大介さん。
五十嵐大介さんは独特の世界観と絵で人気の漫画家さんです。
猫のお医者さんが夜中に具合の悪くなった子どものところに来てくれる
とても不思議だけど、自分も体験してみたくなるストーリーです。
昔からあったようなクラシカルで温かみのあるデザインになっています。
ぜひ書店で手にとってみてください!

cat_lobert02
cat_lobert03
cat_lobert04

『ねこの小児科医ローベルト』
木地雅映子(著)
五十嵐大介(絵)
定価:¥1,620
出版社:偕成社

↑TOP

New Entry

Archives