News

雑誌『ハルメク』11月号表紙

2020.10.21

harumeku11.2020
50代からの女性誌『ハルメク』11月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「紅葉なのか、夕焼けだからか、赤い山と空。
赤い照明で照らされた大空の劇場。
冬の前のひととき、そんな大地が作り出した舞台を見ていると、
涼しい風でも心はほんのり暖かくなる。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp

↑TOP

NAOT「足もとのキャンバス展」

2020.10.15

naot2020

NAOTで開催中の「足もとのキャンバス展」に
大塚いちおが作家として参加しています。
NAOTを代表するサボ・IRISを真っ白なキャンバスに見立てて、
NAOTにゆかりのあるクリエイター14人が作品に仕上げています。
NAOT NARA、AICHI、TOKYOの3店舗で巡回展示になります。
詳細はNAOTのHPでご確認ください。
https://naot.jp/event/69238

「足もとのキャンバス展」
◎会場:NAOT NARA
◎会期:2020年10月10日(土)〜11月29日(日)
〒630-8385 奈良市芝突抜町8-1
電話 0742-93-7786
11:00~sunset
月曜定休

◎会場:NAOT AICHI
◎会期:2020年12月3日(木)~2021年1月31日(日)
〒484-0085 愛知県犬山市西古券92番地 よきやビル2F
電話 0742-93-7786
11:00〜sunset
月曜・火曜・水曜定休

◎会場:NAOT TOKYO
◎会期:2021年3月3日(水)~4月25日(日)
〒111-0043 東京都台東区駒形2丁目1-8楠ビル301
電話 03-5246-4863
12:00〜18:00
月曜・火曜定休

↑TOP

大塚いちお個展「imaginary hometown」

2020.10.10

hyo01

大塚いちお個展「imaginary hometown」が10月10日から18日まで、
上越市にある大島画廊さんと大塚が経営しているDIGMOG COFFEEで開催中です。
今回の展示は、大島画廊さんの額縁制作とのフレーミングコラボ展になります。
作品と額縁の関係性も楽しんでいただけます。
小林古径記念美術館にも今回の『imaginary hometown』と同テーマの連作が
展示されていますので、そちらも同時にご覧いただけます。
大塚が原画を展示することは珍しいので、ぜひお近くのみなさまは覗きに来てください。

【メイン会場】大島画廊 雅房眞泉店内
定 休 日:水曜日
時  間:10:00〜17:00
場  所:新潟県上越市本町3-1-11

【サテライト会場】
コーヒーロースター&コーヒースタンド
「DIGMOG COFFEE」
営 業 日:月・木・金・土・日
営業時間:11:00〜17:00
場  所:新潟県上越市仲町4−3−14

↑TOP

横浜銀行100周年ポスター(第3期)

2020.10.01

100th_vol.03_72

2020年12月に100周年を迎えます横浜銀行、
100周年のビジュアルを大塚いちお事務所が担当しました。
大塚いちおが描いたイラストを背景に、横浜銀行のキャラクター「はまペン」が
みんなに感謝の気持ちをこめて、登場しています。
横浜銀行の100周年をはまペンがケーキでお祝いします。
2020年もあと数ヶ月、あっと言う間の2020年。
今ある小さな幸せをお祝いできる日々にしたいものです。

横浜銀行100周年アニバーサリー特設サイトはこちら↓
https://boy100th.com

↑TOP

東日本銀行 「あなたのそばで、夢みる未来。」vol.06

2020.10.01

Vol18-LR-72dpi

大塚いちおがアートディレクションしている東日本銀行のポスター第18弾ができました。
今回は「住む」篇です。
だんだん寒くなる秋、家でのんびりするものいいですね。
ぽんクマファミリーもたまにはみんなで一緒に寝てみたり。
東日本銀行の店頭でポスターをぜひ見てみてください。
このシリーズはまだまだ続きますので、これからもポンくまをお楽しみに!
東日本銀行 夢みるシリーズ http://www.higashi-nipponbank.co.jp

↑TOP

雑誌『ハルメク』10月号表紙

2020.09.07

harumeku10.2020
50代からの女性誌『ハルメク』10月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「時々カボチャはオバケや、馬車になったりするらしい。
ならばと稲妻のような模様の中で、魔法にかかってくれないかと置いてみた。
できれば楽しく元気がでるものになってほしい…特に今年は。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp

↑TOP

雑誌『ハルメク』9月号表紙

2020.09.01

harumeku09.2020
50代からの女性誌『ハルメク』9月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「風の姿を見ることはできない。
だから、草や木の揺れる様子からその姿を想像する。
それは馬の立髪からでも。
日々の生活で閉塞感を感じると、
広い草原でその見えない姿をただ感じてみたくなる。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp

↑TOP

『illustration 』2020年 9月号

2020.07.20

illu2020.09
雑誌『illustration 』2020年 9月号の連載「スイッチ・インタビュー」で
大塚が表紙の担当している雑誌『ハルメク』が特集されています。
雑誌『ハルメク』編集長の山岡朝子さんと大塚がインタビューを受けています。
大塚への依頼の経緯、編集部内のやり取り、長期の仕事を楽しんで続ける仕組みなど、
「スイッチ・インタビュー」でしか聞けない貴重な裏話が掲載されています。
『ハルメク』読者さま、イラストレーターを目指しているみなさま、
面白い話が読めると思います。ぜひ書店で手にとってみてください。

illu202009
『illustration 』2020年 9月号
出版社: 玄光社
定価:本体1,600円+税
ASIN: B08BGHCFFJ

↑TOP

雑誌『ハルメク』8月号表紙

2020.07.10

harumeku08.2020
50代からの女性誌『ハルメク』8月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「アゲハを探しに行ったことはなかった。
例えば家族で山に出かけた時、
またはカブトムシや他の虫を探しに行った時、
突然、現れるのがアゲハチョウだった。
目的の途中のご褒美のような存在だった。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp

↑TOP

『ダ・ヴィンチ』2020年8月号

2020.07.06

da_vinci2020.08

発売中の『ダ・ヴィンチ』2020年8月号、巻頭特集「伊坂幸太郎の20年」の中、
キーパーソンが語る「伊坂幸太郎と私」と言うコーナーで、
大塚いちおのインタビューが紹介されています。
小説家の伊坂さんとしてではなく、
ライブ友だちの伊坂さんとしての付き合いについて語っています。
興味のある方はぜひ読んでみてください。
いつもとは違う一面が見れるかもです…!

da_vinci2020.08_hyoshi

「ダ・ヴィンチ 2020年8月号」
出版社: KADOKAWA
定価:636円+税
ASIN: B08B384HYB

↑TOP

書籍「この子はこの子のままでいいと思える本」

2020.07.02

book_syufunotomosya2020.07

主婦の友社から発売されました、児童精神科医の佐々木正美・著
書籍「この子はこの子のままでいいと思える本」の装画を大塚いちおが担当しました。
2017年に逝去されました佐々木正美先生。
2008年に発売されました書籍「育てにくい子と感じた時に読む本」に続いて、
佐々木正美先生の書籍の装画を担当しました。

「この子はこの子のままでいいと思える本」
出版社: 主婦の友社
定価:1,300円+税
ISBN-10: 4074433354

↑TOP

横浜銀行100周年ポスター(第2期)

2020.07.01

100th_vol.02_72

2020年12月に100周年を迎えます横浜銀行、
100周年のビジュアルを大塚いちお事務所が担当しました。
大塚いちおが描いたイラストを背景に、横浜銀行のキャラクター「はまペン」が
みんなに感謝の気持ちをこめて、登場しています。
2020年の上半期は日本だけでなく、世界中で気持ちがザワザワしていたように思います。
そんな気持ちを優しく包み込むようにハートを抱えたはまペン。
穏やかな気持ちで夏を迎えられるような、爽やかな風を感じるポスターに仕上がっていると嬉しいです。
横浜銀行100周年アニバーサリー特設サイトはこちら↓
https://boy100th.com

↑TOP

雑誌『ハルメク』7月号表紙

2020.06.10

harumeku07.2020
50代からの女性誌『ハルメク』7月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「穏やかで、どことなく安心する風景を思い出してみる。
風は緩やかで草がささやく。姿は見えないが鳥の声も聞こえる。
落ち着いたら、またそんなところに行ってみたいものだ。眩しい夏が来るその前に。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp

↑TOP

川崎フロンターレ公式カフェ「FRO CAFE」

2020.05.13

fro logo maru01_hp

武蔵小杉駅すぐの高架下にできました川崎フロンターレ公式カフェ
「FRO CAFE」のアートディレクションを大塚いちお事務所が担当しました。

店内に一足踏み入れると、サッカークラブが運営しているカフェとは思えないほどの
独特でスタイリッシュな空間が演出されている「FRO CAFE(フロカフェ)」。
店内は、おフロ(風呂)にまつわるアイテムである「フロ桶」や「フロ椅子」、「フロ釜」など、
細部までおフロ(風呂)という要素にこだわり抜いた世界観で統一されています。
店内内装は白水社さんがこだわりにこだわって担当してくれました!
店内には多くのモニターが設置され、DAZNによる試合の配信映像をを楽しめます。
多様なタイプの席が用意されているので、家族や友人とゆったりと過ごせるテーブル席、
お仕事や勉強にも活用できるよう電源が確保されているハイカウンターなど、
試合日じゃない日もフル活用できるカフェになっています。
ぜひ心地よい時間をこの「FRO CAFE」で。
公式グッズショップ「AZZURRO NERO」も併設されていますので、
試合日にはここにしかないグッズを買いにいくのもオススメです。

fro_01_hp
fro_07_hp
fro_13_hp
fro_14_hp
fro_19_hp

川崎フロンターレ公式カフェ「FRO CAFE
オフィシャルグッズショップ「AZZURRO NERO」
住所:〒211-0005 神奈川県川崎市中原区新丸子町1008-2 TEL:044-767-6111
営業時間:平日 11:30~21:00 土日祝 11:30~21:00
定休日:年中無休(年末年始除く)
※ホームゲーム、イベント開催時は営業時間が変更となる場合がございます。
川崎フロンターレ公式カフェ「FRO CAFE」HP→ https://fro-cafe.com

↑TOP

雑誌『ハルメク』6月号表紙

2020.05.10

harumeku06
50代からの女性誌『ハルメク』6月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「気持ちが下に向くと頭も下に向くのか、予測のできないことが起こると、
その不安からついつい下を見てしまう。
そんな時、空に虹がかかっていたら、みんなきっと上を向くだろう。
今、せめて心の空に虹をかけたい。」
特集のひとつ「時間を忘れて味わいたい 読書の喜び」に
大塚いちおは佐々木マキ作「やっぱり おおかみ」を紹介しています。
そちらの絵本も良ければ手にとってみてください。

harumeku06-02

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp

↑TOP

大吟醸酒【gangitei】ラベルデザイン

2020.05.08

0508_gangitei

“越路乃紅梅”“八恵久比岐”を醸す「頚城酒造」さんから
雁木亭オリジナル大吟醸酒【gangitei】が出ました。
その大吟醸酒【gangitei】のラベルデザインを
大塚いちお事務所が担当しました。
ラベルの真ん中にある梅のモチーフは大塚いちお作の切り絵です。
常温や燗酒として、美味しくいただける日本酒です。
優しい山田錦の味が膨らみます。
上越市のおいしい郷土料理がいただける居酒屋「雁木亭」さんで飲むことができますが、
今は新潟になかなかいけない皆さま、安心してください!
「酒のおおやま」さんのWEBストアからも購入可能です。
酒のおおやまHP http://sake-ooyama.com

今の状況が落ち着いたら、大塚がラベルを手がけた【gangitei】を飲みに
新潟、上越市に訪れてみてください。

【gangitei】
大吟醸
柿崎産山田錦100%精米歩合50%
平成25酒造年度
一回パストライザー火入れ
¥6000+tax


酒は憂いを払う玉箒
「お酒は、心配事を忘れさせ、暗い気持ちを
ぬぐいさってくれるほうきのようなものだ」

みんなで、乗り切っていきましょう。

http://sake-ooyama.com/

#頚城酒造
#越路乃紅梅
#gangitei

↑TOP

雑誌『ハルメク』5月号表紙

2020.04.10

0410harumeku05
50代からの女性誌『ハルメク』5月号
表紙イラストを大塚いちおが担当しています。
今回の表紙についてのコメントは
「花をもらっても、花を贈っても、ただそれだけのことで、気持ちがあたたかくなる。
花の魔法だ。だから薔薇が一輪、そこにあるだけで、特別に日になる。
…絵に描いた薔薇でもそんな効果があったら嬉しい。」

表紙デザイン:河村杏奈(大塚いちお事務所)
定期購読のお申し込みはWEBから!
http://magazine.halmek.co.jp

↑TOP

東日本銀行 「あなたのそばで、夢みる未来。」vol.05

2020.04.10

Vol17-LR-72dpi

大塚いちおがアートディレクションしている東日本銀行のポスター第17弾ができました。
今回は「暮らす」篇です。
いつも家事や育児に追われていたポンくま夫婦、
たまには2人でピクニックデートもいいですね。
東日本銀行の店頭でポスターをぜひ見てみてください。
このシリーズはまだまだ続きますので、これからもポンくまをお楽しみに!
東日本銀行 夢みるシリーズ http://www.higashi-nipponbank.co.jp

↑TOP

横浜銀行100周年ありがとう映像

2020.04.01

timemovie

2020年12月に100周年を迎えます横浜銀行、
100周年のビジュアルを大塚いちお事務所が担当しました。
横浜銀行のキャラクター「はまペン」は大塚いちおが生み出したキャラクターです。
実際に大塚が「はまペン」を描いている映像が今回特別に見ていただけます。
はまペンのテーマソングをバックに絵が出来上がっていく映像お楽しみください!
横浜銀行100周年アニバーサリー特設サイトはこちら↓
https://boy100th.com

↑TOP

横浜銀行100周年クリアファイル

2020.04.01

2020_100th_file

2020年12月に100周年を迎えます横浜銀行、
100周年のビジュアルを大塚いちお事務所が担当しました。
お客さまへの感謝をこめて、『100周年クリアファイル』を制作しました。
店頭やATMコーナーにて配っているようです。
詳しくは横浜銀行までお問い合わせください。
横浜銀行100周年アニバーサリー特設サイトはこちら↓
https://boy100th.com

↑TOP

横浜銀行100周年ポスター(第1期)

2020.04.01

100th_vol.01_72

2020年12月に100周年を迎えます横浜銀行、
100周年のビジュアルを大塚いちお事務所が担当しました。
大塚いちおが描いたイラストを背景に、横浜銀行のキャラクター「はまペン」が
みんなに感謝の気持ちをこめて、花束を持っています。
8本のバラには「あなたの思いやり、励ましに感謝します」という意味が込められています。
銀行でこちらのポスターを見かけましたら、はまペンから花束を受け取った気持ちになれるかも?
少しでも明るい気持ちになれるポスターに仕上がっていると嬉しいです。
横浜銀行100周年アニバーサリー特設サイトはこちら↓
https://boy100th.com

↑TOP

←BACK
NEXT→

New Entry

Archives